High Heel Project

—I don’t want high heels to be something special,
but simply a choice, important only to you.

The “High Heels Project” started in 2011 as a project in which Mari Katayama, an artist who lives with an artificial leg, created artificial legs that allow her to wear high heels, walk the streets, and perform on stage. Ten years have passed since the start of the project, and the second phase of the project, which will start in earnest in 2022, will move into the next phase, connecting with various other people and moving toward the “freedom to embrace ideals” for all people. When Katayama was a singer at a jazz bar during her college days, one day a customer made a remark to her, “A woman who doesn’t wear high heels is not a woman. In the course of the first project, which began out of frustration, Katayama was confronted with the current state of social welfare in Japan, where there are very few options provided by “public assistance. Wearing high heels with artificial legs is connected to the issue of people’s “freedom of choice. Back in 2011, the goal was to get to the point where people could wear high heels by adjusting ready-made parts and shoes and stand on the stage by themselves. In this second project, while developing parts and shoes, we will have the opportunity to question the freedom of choice, welfare, and the possibility of the body itself, which should be given to all people, through research with experts involved in the project,
people with similar disabilities, and researchers related to disabilities and the body. This time, Italian luxury shoe brand Sergio Rossi will participate in this project and produce high-heeled shoes. Katayama’s creative activities, which began with the creation of objects, and the skilled “handiwork” of the brand’s dedicated craftsmen in the entire manufacturing process of a pair of shoes, were connected, and Katayama resonated with the philosophy of Sergio Rossi, the founder of the brand, that “shoes are an extension of a woman’s legs. The decision was made.

just one of those things #002 – High Heel Project 2022 special edition, 2022 ©Mari Katayama

ハイヒールが特別なものではない、
ただの、あなたにとって大切な、選択の一つになってほしい。

 ハイヒール・プロジェクトは義足を使用し生活するアーティスト片山真理が、ハイヒールを履ける義足を製作し、街を歩き、ステージに立つプロジェクトとして2011年にスタートしました。開始から10 年を経て、2022年より本格的に再始動する第2弾では次のフェイズへと進み、様々な他者とつながり、全ての人の「理想を抱く自由」に向けて動き出します。

 大学時代ジャズバーで歌手をしていた片山は、ある日、客から「ハイヒールを履いてない女なんて女じゃない」と野次を飛ばされました。その悔しさをバネに始まった第1弾で片山が直面したのは、公助によって与えられる選択肢が非常に少ないという日本の社会福祉の現状でした。「ファッション」は贅沢品であり、当事者の社会復帰や社会活動において重要な要素ではないと突きつけられている。たとえそれがとても「過剰」でアイコニックなハイヒールであっても、「それを着て外に出たくなるような服」であっても、一人でトイレに行くことができる着脱が楽な服であっても、それらは全て「装い」の領域となり、福祉の側に位置づけられることはなかったのです。それらを必ずしもみんなが履くべき、着るべきというわけではなく、ただ、その前段階に「やりたい/やりたくない」という自由な選択肢があることが大切で、それを多くの人に広く伝えていくことが必要だと、片山は考えました。

「義足でハイヒールを履くことは、人々の「選択の自由」の問題につながっている。私はハイヒールで歩いていこう。」

2011年当時は、既成の部品や靴を調整してハイヒールを履き、自ら表舞台に立つところまでがゴールでした。第2弾では、部品や靴の開発も行いながら、プロジェクトに関わる専門家、同様の障がいを抱える当事者や障がいや身体にかかわる研究者へのリサーチを通じて、あらゆる人に与えられるべき選択の自由、福祉、そして身体そのものの可能性について問う機会を目指しています。

 今回は新たにイタリアのラグジュアリーシューズブランド Sergio Rossi(セルジオ ロッシ)が本プロジェクトに参加し、ハイヒールシューズを制作します。オブジェ制作から始まった片山の創作活動とシューズ1足の全製造工程にあるブランド専属の職人による熟練の「手仕事」が繋がり、創始者であるセルジオ・ロッシ氏の「シューズは女性の脚の延長である」という理念に片山が共鳴したことにより、セルジオ ロッシのプロジェクト参加が決まりました。

How do we choose to dress ourselves?

It is a social issue common to all people. The “#KuToo” movement, which protested against the forced wearing of pumps by women in the business world, seems to be an activity with the same awareness of the issue as this project (even if the direction of the shoes they are wearing is the exact opposite). As it has become easier for individuals to communicate through social networking services (SNS), not only the way we dress, but also the way we behave in the community to which we belong and even our past actions are becoming socialized. In such a situation, I feel that there are many people who have to play the role of “the self required by society” or who have no choice but to give up acting freely to fit the “image required by society. I hope that the High Heels Project will help individuals who are trapped in the confines of society and themselves to be able to forgive themselves. The framework of “welfare” and the position of the “concerned party” as a prosthetic leg user can sometimes be an obstacle to speaking out and spreading the word. I feel that it is very difficult today, when people are often judged by words and numbers, to take on the responsibility of being involved with the people themselves and to approach the unknown world. In such a time, the appearance of Sergio Rossi, who is willing to face, accept, and run with us in a friendly and serious manner, was a great opportunity for us to restart the High Heels Project. When I first touched Sergio Rossi’s high heels, I thought, “I want these shoes even if I can’t wear them. This is a big difference from the high heel project 10 years ago, when I thought, “I don’t care what kind of high heels I can wear. I thought that I could finally feel the joy and happiness of choice. I would like to walk carefully so that I can grow the happiness of having choices widely and widely.

Mari Katayama

just one of those things, 2022 ©Mari Katayama

「ハイヒール・プロジェクト」第2弾に向けて

 自らの装いをいかに選ぶか。それは、すべての人に共通する社会の問題です。ビジネスの現場で女性たちがパンプスを履くことを強要されるのに抗議した「#KuToo」運動も、(履こうとする靴の方向性が真逆であるとしても)本プロジェクトと共通する問題意識を持った活動であるように思います。SNS などを通じた個人による発信が容易になったいま、装いだけでなく、自身が属するコミュニティの中での振る舞いや、過去の行いまでもが社会化されつつあります。一体、どこまでがあなたで、どこまでがあなたではないのでしょうか。わたしやあなたは誰のものなのでしょうか。そうした中で「社会に求められる自己」を演じなければならない人、「社会が求める姿」にフィットせず、自由に振る舞うことを諦めざるを得ない人は数多いと感じます。ハイヒール・プロジェクトが、社会や自分自身の枠に囚われている個人の心をその人自身が許せるようになる一助となることを願っています。

 「福祉」という枠組みや義足ユーザーという「当事者」という立場は、時として発言や普及に障害となる場合があります。いつまでたっても当事者は「特別」であって、特別なことは「普通」になることも、普及することもできません。つまり、お金にならないし、「特別」がひとたび問題になれば大問題になってしまいます。当事者本人と関わる責任を担い、未知の世界へ歩み寄ることは、言葉や数字で判断されることの多い現代ではとても難しいことなのだと感じます。そんな時代に、親身に、真剣に向き合い、受け入れ、共に走ってくださるというセルジオ ロッシの登場は、ハイヒール・プロジェクトを再開する大きなきっかけとなりました。初めてセルジオ ロッシのハイヒールに触れた時、「履けなくてもいいからこの靴が欲しい」と思いました。「履くことが出来るハイヒールならどんな物でもいい」と思っていた10年前のハイヒールプロジェクトとは大きな違いです。私自身もやっと、選択する楽しさや幸せを感じることができました。 そんな喜びを、大きく広く育てていけるよう、大切に歩みたいと思っています。

片山真理

[VOGUE JAPAN]

as a media collaborator of High Heel Project.
All six installments of [Mari Katayama’s High Heels Project] are now released on the media collaborator’s VOGUE JAPAN web.

メディアコラボレーターであるVOGUE JAPANのウェブサイトでは、ハイヒール・プロジェクトに関する誌面掲載された記事を含む全6本の記事が公開されています。ウォーキング映像はVOGUE JAPAN Instagramでも公開され、15万回を超えた再生回数が話題になりました。

VOGUE JAPAN WEB:
https://www.vogue.co.jp/tag/mari-katayama

[Nabtesco]

Nabtesco Corporation, who has been supporting the High Heel Project since September 2022, has launched a special website as the first collaboration with Mari Katayama. The website features four articles including Katayama’s life with her own legs and interviews with people involved in the development and manufacturing of the microprocessor-controlled knee “ALLUX2,” which has been provided by Nabtesco for the project, and with the company’s prosthetists who help the maintenance of prosthetic feet.(The fourth article will be available on December 28.)Also of a note are key visuals photographed especially for the website. In the key visuals, Katayama wears not only high heels made with Sergio Rossi but also a wide variety of shoes and fashions, and embodies the concept of “the choice to wear more than just high heels.” A special movie can be viewed on the website as well as on Nabtesco’s YouTube channel.

Special WEB SITE: https://www.nabtesco.com/hhproj

ナブテスコ×片山真理特設サイト「つくる人、はく人、創る人」
「ハイヒール・プロジェクト」の趣旨にご賛同いただき、9月に協賛契約を締結したナブテスコ株式会社とのコラボレーション第一弾として、ナブテスコ×片山真理の特設サイトがオープンしました。自らの「足」と向き合ってきた片山の半生のほか、プロジェクトのためにご提供いただいている電子制御義足膝継手『ALLUX2』の開発や製造にかかわる方々や、義足のメンテナンスでお世話になっているナブテスコの義肢装具士さんとの対談などをまとめた全4本のストーリーを公開。「STORY4」は12/28に公開されます。また、この特設サイトのために撮り下ろしたキービジュアルにも注目。セルジオ ロッシと作ったハイヒールだけでなく、多種多様な靴やファッションを身を包み、「ハイヒールだけじゃない選択」を体現する片山の姿にぜひご注目ください。スペシャルムービーはナブテスコのYouTubeチャンネルでも公開されています。

Special WEB SITE: https://www.nabtesco.com/hhproj

[instagram] high heel project instagram account 👠